音楽情報

2007年06月12日

音楽サイト

音楽とスポーツの話はどうだったでしょうか?これを楽器に話しえお戻すならこういう風になります。
なるべく文体もそろえて音楽に変換して書いて見ます。

音楽はいいなあ。

楽器が初心者の時代は誰にでもあります。自分も最初は全然わからなくギター選びからどうしていいかわかりませんでした。しかも、アコースティックギターのギターの意味さえ分かりませんでした。例えば、エレキギターとセミアコースティックギター。どのような差があるのでしょう?
他にも、金銭的に余裕があればやはり、楽器初心者なのでメトロノームと録音機器を購入するようにしましょう。また、録音機器ですが良い物の選び方として、軽くて使いやすいものを選んでください。練習の時、段々とずれるリズムは、徹底的にメトロノームに合わせることで直していくことができます。

というのも、わずかにネックがそったりしたときにリペアに出してる間に弾けたりするからで、初心者ではス一日でも練習をサボりたくないのです。自分もギブソンのギターを使っていて、直しているときはセカンドで代用していました。ギター選びや楽器のプレイは本当にわかりやすそうで実は奥が深いと言うのは音楽そのものと同じです。
なので、初心者の時にもっとも良いギター選びをしようとするなら、まずは御茶ノ水でよく弾きこんであるものをお選びになる事が上達への早道です。このビンテージものは少々古臭く、最初はなんで?と感じる事かと思いますが、弱い力で弾いても音をガツンと出しやすく、また新しいギターよりも木が動かないのでメンテナンスもしやすいので正にアマチュアのギタリスト向きです。

さあどうですか?
音楽の楽器はたくさんあるのでギターに限ったことではないでしょう。
音楽をやるのに楽器の違いは音の違いはありますがそこに賭ける愛情は同じだと思います。

そういえば以前こんなことを書きました。音楽を無料で勉強する方法です。

『CDでーた』をご存知でしょうか?多くの人が音楽や楽器演奏に興味はあるけれど、「音楽理論がそもそも良く分からない」「どうしたらうまくなるのかわからない」「私にもできるの?」「何からすればいいの?」などの理由で、結局手を出せずにいるのではないでしょうか?
『CDでーた』の上手な活用法ですが、専門家が推奨している新人アーティストやチカラがあるミュージシャンについていくつかターゲットを絞ってから、特に注意してその音楽活動やプロフィールを見るようにしましょう。これにはwebサイトを活用すると、リアルに日々の動向がチェックでき便利です。

練習する時間が長いほどうまくなる「楽器」選びのポイントは、心に響く音かをじっくり確認すること、10年後20年後、今の倍以上にうまくなれそうな一生ものの楽器を選ぶことです。こういった情報は『CDでーた』などの音楽雑誌から上手に得ることができます。
さて、音楽や演奏楽器の種類や情報入手・練習方法についてこれまで話をしてきましたが、何度も言うように、音楽の基本とは「毎日の練習と的確な情報をいかにアンテナを張って入手できるか」にかかっているのです。『CDでーた』などの音楽雑誌やネットの音楽サイトを上手く活用しましょう。

音楽をするために楽器屋練習代金ばかりかかってしまいますが、音楽をすることで生活の知恵もアップしてきますねエ。

無料サイトの活用とかもできますし、削れるところは削ってうまく音楽をライフワークにしていきたいものですね。
posted by 音楽 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽とスポーツ

音楽をやるといってもボーカルをする人もいれば、楽器を弾きたいひともいれば、はたまた作詞作曲などの音楽の作品を作りたい人もいます。
さらには音楽を裏で支えたいならレコーディングのエンジニアとかライブハウスのスタッフとかこの世には音楽にまつわる仕事がいっぱいあります。

でも正直な話、誰でもなれるんだったら楽器を弾いたり歌を唄う音楽の表舞台に立ちたいのではないでしょうか?

初心者の頃は夢多く音楽に打ち込めると思います。
楽器を買うのも楽しくてしょうがありません。

では園音楽をするための楽器の選び方はどうすればいいのでしょうか?
音楽に詳しい人に聞くのが早いですが、すこし音楽とは違う持論があります。音楽はスポーツに似ているということです。
スポーツの練習も音楽の練習も継続することが大事なので、そのあたりが近いのと、もうひとつ、楽器選びとスポーツ用品では選ぶときの考え方が似ているということです。技術を磨くためにどちらも高いお金を払って購入したりします。

ゴルフでたとえてみましょう。

初心者の頃の話なのですが、自分はゴルフクラブの値段を知らず選び購入していました。ですが、最近になって、ある程度のゴルフクラブを試してみた結果、自分はお金をかけ過ぎていたなと思いました。というのも、自分はクラブ1本に8,000円もかけていたからです。
それと言うのも、初心者の時にゴルフクラブ選びを曖昧に選んでしまうと、スウィングが固まる(上達する)のが遅くなってしまうからで、いいクラブ(体にあっているクラブ)を選べば、力を要れずとも真っ直ぐでそこそこの飛距離を出す事が出来ると良い事尽くめになるからです。
というのも、わずかに重さの均等が6番に比べるとよくないようで、初心者ではスライスなどが多発してしまう為だそうです。そして、自分も7番のクラブを使っていて、確かに6番の方がいいと思いました。ゴルフクラブ選びやゴルフのプレイは本当にわかりやすそうで実は奥が深いと言うスポーツです。
また、ゴルフ練習場ではボールを30球や50球で選び、購入して、それをカゴに入れて練習スペースに行き練習開始です。初心者の頃は、自信がないので挙動不審になりがちなので、最初は余り人のいない練習所の開始営業時間に行くのが最も気が楽でオススメです。また、ゴルフクラブも少ないほうがやりやすいので、最初の頃は好きな3本だけを選び持っていくようにしましょう。
posted by 音楽 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽の成功

音楽をやる理由は大成功してお金をもうけたいという考え方で音楽する人もいれば、かっこういいから、もてたいから音楽をするというひともいますが、音楽を実際にやるのには無料というわけには行きません。ある程度の資金が必要です。

楽器の購入にもお金はかかるし、スタジオの練習だってそうです。
音楽にそれだけ時間を使うのだから仕事もなかなかどっぷりできません。
そういうときに大人の音楽のやり方。音楽を余裕を持ってやるのには投資とかもいいのかもしれません。

投資の基本とは、正しい知識と的確な情報の入手であると言われています。投資信託の仕組みやどんな投資信託があるのかを知らないままで投資を始めても、十分な投資の成果は期待できないと言えます。そこで活用したいのが『日経マネー』などのマネー雑誌です。
『日経マネー』などで取り上げられている投資信託や金融商品には、実にさまざまな種類があります。そしてこれらはそれぞれ「貯蓄性」「安全性」「換金性」「流動性」などの性質が違ってきます。『日経マネー』などの専門誌でその性質を十分研究してみましょう。
投資のメリットである「株主優待」はその換金性に目をつけ、配当金と同様の「現金収入」としてとらえる方も多いようです。こうした個人投資家の嗜好から、新たに株主優待制度の導入を決める企業も多いようですが、特に初心者の方にはまず『日経マネー』などからの情報収集・比較検討をお勧めします。
投資しているのだがどうしても不安だ・・という方には『日経マネー』が誌面で連載中の「投資力診断!」に登場してみるというのはいかがでしょうか?株式や為替などの売買履歴をプロに採点してもらい、上達するための処方箋を提示してもらえるというコーナーです。もちろん匿名で参加できますので、是非こういった機会も利用してみましょう。

音楽に打ち込むのをやめてそちらにいくのかは個人の自由ですが。
タグ:音楽 投資
posted by 音楽 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽を無料で勉強

音楽雑誌をコンビニで立ち読みなんかよくします。
なんと街のなんてことないとこでも音楽のべんきょうはできる!
なんつって。
だってじょうほう過多な時代ですから、わからないこともネットの音楽サイトや音楽雑誌ですぐに吸収できますからね。

無料だし店員さんの目が気にならなければいいとこどりです。

音楽の基本とは、毎日の練習と時代にあったパフォーマンスであると言われています。音楽業界の仕組みやどんなライブハウスがあるのかを知らないままで音楽を始めても、十分な音楽の成果は期待できないと言えます。そこで活用したいのが『CDでーた』などの音楽雑誌です。

『CDでーた』の上手な活用法ですが、専門家が推奨している新人アーティストやチカラがあるミュージシャンについていくつかターゲットを絞ってから、特に注意してその音楽活動やプロフィールを見るようにしましょう。これにはwebサイトを活用すると、リアルに日々の動向がチェックでき便利です。

音楽リスナーが好む情報は『CDでーた』などの音楽雑誌でも良く取り上げられる、「ミュージシャンの素顔」などのファンをひきつける記事についてです。しかし演奏するがわとして音楽練習をする場合、音楽の成功にはリスクが大きいことを十分に理解し、華やかな裏の努力があることをふまえて飛びつかないことが重要です。
練習しているのだがどうしても不安だ・・という方には『CDでーた』が誌面で連載中の「ミュージシャンの企画」をよく読んでみるというのはいかがでしょうか?音楽や身の回りの出来事をプロは楽しくトークし、連載中の音楽の記事の中から自分が上達するための処方箋をつかめるかもしれない貴重なコーナーです。もちろん内容も面白いので、是非こういった機会も利用してみましょう。
posted by 音楽 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。