音楽情報

2007年06月12日

音楽サイト

音楽とスポーツの話はどうだったでしょうか?これを楽器に話しえお戻すならこういう風になります。
なるべく文体もそろえて音楽に変換して書いて見ます。

音楽はいいなあ。

楽器が初心者の時代は誰にでもあります。自分も最初は全然わからなくギター選びからどうしていいかわかりませんでした。しかも、アコースティックギターのギターの意味さえ分かりませんでした。例えば、エレキギターとセミアコースティックギター。どのような差があるのでしょう?
他にも、金銭的に余裕があればやはり、楽器初心者なのでメトロノームと録音機器を購入するようにしましょう。また、録音機器ですが良い物の選び方として、軽くて使いやすいものを選んでください。練習の時、段々とずれるリズムは、徹底的にメトロノームに合わせることで直していくことができます。

というのも、わずかにネックがそったりしたときにリペアに出してる間に弾けたりするからで、初心者ではス一日でも練習をサボりたくないのです。自分もギブソンのギターを使っていて、直しているときはセカンドで代用していました。ギター選びや楽器のプレイは本当にわかりやすそうで実は奥が深いと言うのは音楽そのものと同じです。
なので、初心者の時にもっとも良いギター選びをしようとするなら、まずは御茶ノ水でよく弾きこんであるものをお選びになる事が上達への早道です。このビンテージものは少々古臭く、最初はなんで?と感じる事かと思いますが、弱い力で弾いても音をガツンと出しやすく、また新しいギターよりも木が動かないのでメンテナンスもしやすいので正にアマチュアのギタリスト向きです。

さあどうですか?
音楽の楽器はたくさんあるのでギターに限ったことではないでしょう。
音楽をやるのに楽器の違いは音の違いはありますがそこに賭ける愛情は同じだと思います。

そういえば以前こんなことを書きました。音楽を無料で勉強する方法です。

『CDでーた』をご存知でしょうか?多くの人が音楽や楽器演奏に興味はあるけれど、「音楽理論がそもそも良く分からない」「どうしたらうまくなるのかわからない」「私にもできるの?」「何からすればいいの?」などの理由で、結局手を出せずにいるのではないでしょうか?
『CDでーた』の上手な活用法ですが、専門家が推奨している新人アーティストやチカラがあるミュージシャンについていくつかターゲットを絞ってから、特に注意してその音楽活動やプロフィールを見るようにしましょう。これにはwebサイトを活用すると、リアルに日々の動向がチェックでき便利です。

練習する時間が長いほどうまくなる「楽器」選びのポイントは、心に響く音かをじっくり確認すること、10年後20年後、今の倍以上にうまくなれそうな一生ものの楽器を選ぶことです。こういった情報は『CDでーた』などの音楽雑誌から上手に得ることができます。
さて、音楽や演奏楽器の種類や情報入手・練習方法についてこれまで話をしてきましたが、何度も言うように、音楽の基本とは「毎日の練習と的確な情報をいかにアンテナを張って入手できるか」にかかっているのです。『CDでーた』などの音楽雑誌やネットの音楽サイトを上手く活用しましょう。

音楽をするために楽器屋練習代金ばかりかかってしまいますが、音楽をすることで生活の知恵もアップしてきますねエ。

無料サイトの活用とかもできますし、削れるところは削ってうまく音楽をライフワークにしていきたいものですね。
posted by 音楽 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44574791

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。